【食事メニュー】4カ月で10キロ痩せるダイエット【6日目】

筋トレ・ダイエット

 

ご飯の公開6日目です。

1週間近くかかりましたが、摂取カロリーを目標値付近まで持ってこれるようになってきました。

 

P、F、Cのバランスを取ながら継続すれば、スルスルと痩せていきますよ。

是非日々の経緯を見ていてください。

 

ちなみに、私は過去にも「4カ月でマイナス10kgのダイエット」に成功しています。

今回もその時の知識と経験をもとに、食事メニューを公開しています。

 

これからダイエットをしようとしてる方には、「毎食何をどれくらい食べて、どれくらい減って

いるのか」っていうのは参考になるんじゃないかと。

 

ちなみに、過去の記事もどうぞご参考に

 

【食事メニュー】4カ月で10キロ痩せるダイエット【1日目】

【食事メニュー】4カ月で10キロ痩せるダイエット【2日目】

【食事メニュー】4カ月で10キロ痩せるダイエット【3日目】

【食事メニュー】4カ月で10キロ痩せるダイエット【4日目】

【食事メニュー】4カ月で10キロ痩せるダイエット【5日目】

 

朝食メニュー

 

摂取カロリー:880キロカロリー

 

朝食メニュー

主食

・雑穀ご飯(180g)

・梅干し 1個

・昆布の佃煮

 

メイン

・ハムエッグ 1人前

 

副菜

・小松菜のお浸し

・なすとピーマンの煮びたし

・ツナときゅうりのサラダ

・もやしのナムル

・プチトマト 2粒

 

サプリメント

・ホエイプロテイン

・青汁粉末 ※プロテインの味付け用

・エビオス錠

・マルチミネラル

 

朝ごはんは、今日もオーバー気味。

今ある食材を片付けたら、メニュー替えですね。

 

昼食&間食メニュー

 

摂取カロリー:639キロカロリー

 

昼食メニュー

主食

・焼き豚チャーハン

 

その他

・スープ春雨 坦々味

 

サプリメント

・マルチミネラル

・エビオス錠

 

面倒なので、お弁当買いに行っちゃったんですが、チャーハンだけだとどうにも

バランス悪いですね。

 

全然ダメな例の食事です。

 

 

摂取カロリー:48キロカロリー

 

間食メニュー

・プルーン 種なし 2粒

 

今日のオヤツは塩分を排出してくれるカリウムが豊富なプルーン。

私は塩分を基本的に摂り過ぎなので、カリウムは積極的に摂りたい栄養素です。

 

他にも良質な脂質が摂れるナッツ類なんかもオススメ。


 

夕食&就寝前メニュー

 

摂取カロリー:685キロカロリー

 

夕食メニュー

主食

・キャベツの千切り ※ごはん茶碗2杯分くらい

・納豆

 

メイン

・ナスとブラ肉の甘辛みそ炒め

 

副菜

・絹豆腐

・ゆでたまご

・もやしのナムル

・小松菜のお浸し

・プチトマト 2粒

 

その他

・お味噌汁

 

サプリメント

・エビオス錠

・マルチミネラル

・マルチビタミン

 

 

キャベツをどんぶり一杯食べてるんですが、多い。

今日は普通に食べきれなかった。

 

 

摂取カロリー:143キロカロリー

 

就寝前メニュー

・ホエイプロテイン

・グルタミン

 

本日の計測値

 

基礎データ

体重:77.2kg(初日比 ー1.2kg)

体脂肪:18.4%(初日比 ー1.3%)

 

 

昨日から、1%近く体脂肪率が上がった結果に。

上下しながら落ちていきます。

 

 

■カロリー

目標摂取カロリー:2,575キロカロリー

本日摂取カロリー:2,395キロカロリー

運動

・ウォーキング 5km

・ゴルフ 打ちっぱなし1カゴ

 

ウォーキング中は、オーディブル(Audible)が超絶オススメです。

頭が冴えわたって、かなり集中して聞けます。

 

【読書とダイエット】ウォーキング民は四の五の言わずAudibleを試すべき【一石二鳥】

 

モチベーションについて

引用:ネオマーケティング「ダイエットに関する調査」

 

ダイエットに成功した人が思う、「ダイエット成功の秘訣」ってなんだと思います?

聞いてしまえば、当然だと思うと思いますが、「続けること」なんですよね。

 

ただ、この「続けること」っていうのが一番厄介です。

何せモチベーションが続かないんですよね。

 

買い物にいけば食べ物の誘惑は多いは、友人や家族には邪魔されるはで、

なかなか初志貫徹が難しい。

 

とはいっても、この「続けること」さえできれば、ある程度結果はついてくるんです。

 

そこで、個人的には「SNSを利用すること」がオススメです。

ダイエットグループに所属して、みんなで励まし合うっていうのは手軽かつ、低コストでできる

現実的な方法です。

 

最初は私も半信半疑だったんですが、効果は絶大です。

 

そのあたりは、下記の記事にもまとめてあるので参考にしてみてください

 

【みんな】モチベーション維持に、SNSを活用すべきこれだけの理由【大好き】

 

今日は以上です。